シールドルーム

侵入電波をシールドする測定室として、電磁シールドルームがあります。​

シールドルームの施工には、ウッドコア工法、シールドシート工法、パンパネル工法がございます。お客様のご要望の仕様、予算によりそれぞれご提案が可能です。

テイエスエスジャパンは、電波暗室の施工にはパンパネル工法を標準的に採用しております。主な理由は、完全不燃タイプでさらにシールド性能も広帯域に渡り100dBを確保できることです。

テイエスエスジャパンの特徴的なシールドルームは、メッシュシールドルームです。メッシュシールドルームの特徴は、内外から目視、会話が可能、内部温度がこもらない、照明も不要なほど明るいという一般居室に近い構造です。現在の電波測定環境では、ビル内でのシールドルーム設置や外部関係者の入室が必要など複雑化しております。

メッシュシールドルームは、電波測定関係者にストレスなく作業に取り組めることができるシールドルームとして人気です。

​メーカー別最新情報はこちらをクリック↓

ウッドコア.png

​ウッドコア・パネル工法

非常に信頼性が高く、火器の心配もありませんので、現場工事には安心してさいようできます。どのようなサイズにもカスタマイズ可能で、メンテナンス性も優れています。

シールドシート.jpg

​ シールド・シート工法

​シールド効果のあるアルミニウム伯、銅箔などを壁紙のように接着で壁に取り付け接合を行うことでシールド性能を保持します。

パンパネル.png

​   パンパネル工法

​鉄板を折り曲げたパネルを接続しシールドルームを施工します。この方法は完全な不燃型です。高いシールド性能と遮音等の組み合わせもできる万能タイプです。

フランコニア40GHZ.jpg

​40GHZ対応シールドルーム

Frankonia社製

​Frankonia社製シールドルームは、パンパネル工法なので完全不燃です。対応周波数帯も10KHz~40GHZ

​なので、ミリ波対応も可能です。

テント3.png

RF/EMI  シールドテント
​    デスクトップタイプ

Frankonia社製

軽量でカスタマイズ可能なデスクトップタイプの高性能シールドテントです。

​特許取得のダブルマグネットドアシールシステムを採用。

​400MHz~18GHZ@-85dB~-100dB

メッシュ度.jpg

​メッシュシールドルーム

Frankonia社製

​メッシュ制なので、内部が明るく、温度もこもりません。外部との会話も可能です。軽量で施工も簡単です。

テント1.png

​RF/EMI シールドテント
​          小型タイプ

Frankonia社製

米国、SELECT FABRICATORS社製、

高性能シールドテントです。特許取得のダブルマグネットドアシールシステムを採用。

400MHz~18GHZ@-85dB~-100dB

%E7%A7%BB%E5%8B%95%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%

​メッシュシールドルーム

​移動タイプ

Frankonia社製

​メッシュの為に軽量でありながら、移動した場所で運用も、電気コンセントの接続で即使用可能です。

テント2.jpg

​RF/EMI シールドテント
​         ルームタイプ

Frankonia社製

​特許を取得したRF/EMIシールドモジュラー設計により、軽量で拡張可能な高性能シールドルームです。

​20MHz~18GHZ@-85dB

SELECT FABRICATORS社製

SELECT FABRICATORS社製

SELECT FABRICATORS社製

  関連製品